夜は歌う キム・ヨンス 新泉社

キム・ヨンス(金衍洙/김연수/KIM Yeon-su)
一九七〇年、慶尚北道金泉生まれ。成均館大学英文科卒業。
一九九三年、詩人としてデビュー。翌年、長編小説『仮面を指差して歩く』を発表し、本格的に創作活動を始める。『七番国道』『二十歳』『グッバイ、李箱』『僕がまだ子どもだった頃』『愛だなんて、ソニョン』『ぼくは幽霊作家です』『君が誰であれ、どんなに寂しくても』『波が海のことなら』などの話題作を次々と発表する。
文学、思想、歴史、社会科学など、広範な読書体験に裏打ちされた文体で多くの読者を魅了し、韓国現代文学の第一人者と評されている。
東仁文学賞、大山文学賞、黄順元文学賞、李箱文学賞など数多くの文学賞を受賞。エッセイスト、翻訳者としても活動している。
邦訳書に、『夜は歌う』(新泉社)、『ぼくは幽霊作家です』(新泉社、近刊)、『世界の果て、彼女』(クオン)、『ワンダーボーイ』(クオン)、『皆に幸せな新年・ケイケイの名を呼んでみた』(トランスビュー)、『目の眩んだ者たちの国家』(共著、新泉社)。

¥ 2,530

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ゆうパケット

    全国一律 250円

※10,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する