ギター・ブギー・シャッフル イ・ジン 新泉社

「おもしろすぎて目が離せなかった」「1962年にタイムスリップし、ステージの下で一緒に歓声を上げ、舞台裏で一緒に泣いてきた気分だ」——。作家チャン・ガンミョンが激賞し、第5回「秀林文学賞」を受賞した本作は、韓国にロックとジャズが根づき始めた1960年代ソウルの龍山米軍基地内のクラブステージ「米八軍舞台」で活躍する若きミュージシャンたちの姿を描いた音楽青春小説である。
「タンタラ(河原者)」と蔑まれながらも、音楽への情熱を冷ますことなく、よりステータスの高いステージに立つことを夢見続けた若者たち。米軍基地を通じて欧米の音楽を受け入れることで発展した韓国の音楽史は、現在のK-POPのルーツでもあり、戦後日本のポピュラー音楽の発展と重なる点も多い。
朝鮮戦争が残した傷跡、軍事独裁政権下での人々の暮らし、芸能界に蔓延していた麻薬と暴力など、当時の社会や風俗を知る貴重な資料としても読み解くことができるだろう。

イ・ジン(李眞/이진/LEE Jinn)
1982年、ソウル生まれ。大学ではデザインと映像理論を専攻。
2012年、長編小説『ワンダーランド大冒険』が第六回飛龍沼(ビリョンソ)ブルーフィクション賞を受賞し、小説家デビュー。
2014年、二作目の長編小説『アルジュマンド・ビューティーサロン』を出版。
2017年、三作目の長編小説となる『ギター・ブギー・シャッフル』で第五回秀林(スリム)文学賞を受賞。
2019年、短編小説集『少女のためのフェミニズム』(共著)を発表。

岡 裕美(オカ・ヒロミ)訳

¥ 2,200

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ゆうパケット

    全国一律 250円

※10,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する