移動図書館ひまわり号 前川恒雄 夏葉社

本の可能性。「本と町」の可能性。
市民に与える図書館から、市民とともにある図書館へ。日本の公共図書館を変える原動力になった、東京都の日野市立図書館は、 どのようにして作られたか。初代館長が書きつづった感動的な記録。 一九八八年に筑摩書房から刊行されていたものを復刊。

移動図書館ひまわり号

前川恒雄 著

2016年7月発行
装丁 櫻井久

¥ 2,200

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ゆうパケット

    全国一律 250円

※10,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する